体音*tai-on*

<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Womb CHOIR "いのちへのゴスペルを歌うワークショップ

スタートします!!!!
c0197299_1414591.jpg


今回は、よりいのちへ〜っとプログラムを組んでいます。
ぜひ!

ゴスペルの贈り物をあなたと全てのいのちへ歌う
Womb CHOIR
メンバー募集!

うたいのちを謳い、いのちを舞う
いのちへのゴスペルを歌うワークショップ(実践講座)


■ワークショップ開催期間■
2010年2月20(土)〜5月23日(日)
各会場 練習 全9回  LIVE出演 2回(詳細別記)
■開催会場■
岡山会場:連昌寺 [岡山市北区田町1丁目4-12 086-224-4688]
津山会場:ピアノ工房 アムズ [津山市大田316 0868-27-2100]
*会場の都合により変更になることもあります。

■参加費用■
30,000円(子宮プロジェクト旗あげ参加費、練習テキスト・CD代・含む)
■参加に必要なもの■
*今回は参加者の方全員に子宮プロジェクト自分の「旗あげ」をしていただきます。
 (詳しくは子宮プロジェクトHP→http://www.shikyu-pro.com)
 初回の練習日にはオリエンテーションと旗作りの時間を取ります。
*練習時に必要なものは、録音機材(テープ・MD・ハードディスクレコーダ等)
 タオルかヨガマット、動きやすい服装で来てください。

■ワークショップスケジュール■
[2010年2月]
2/20(土)<津山10:00〜13:00><岡山15:00〜18:00>
2/27(土)<津山10:00〜13:00><岡山15:00〜18:00>
[2010年3月]
3/06(土)<津山10:00〜13:00>
3/07(日)<岡山10:00〜13:00>
3/13(土)<津山10:00〜13:00><岡山15:00〜18:00>
4/03(土)<津山10:00〜13:00><岡山15:00〜18:00>
[2010年4月]
4/10(土)LIVE出演「いのちのふるさと 子宮まつり」※1
4/17(土)<津山10:00〜13:00><岡山15:00〜18:00>
4/24(土)<津山10:00〜13:00><岡山15:00〜18:00>
[2010年5月]
5/08(土)<津山10:00〜13:00><岡山15:00〜18:00>
5/15(土)<津山10:00〜13:00><岡山15:00〜18:00>
5/23(日)LIVE出演「牛窓ナチュラルキャンプ」※2
メンバー募集!
※1「いのちのふるさと 子宮まつり」
2010年4月10日久米南町文化センターホールで行われる子宮プロジェクト企画の
コンサートに出演します。このコンサートのメインはこのWomb CHOIRの歌になります。
前半はこのコンサートに向け、子宮プロジェクトオリジナル曲2曲
を中心に練習を進めて行きます。
※2「牛窓ナチュラルキャンプ」
2010年5月23日(日)
牛窓のオリーブ園(予定)で行われるフェスに出演します。
このステージに向けての練習ではメンバーから生まれてくるメロディーやリズムを反映して
より自由に歌い舞う体験をしていき青空の下でライブを行います。


■申し込み方法■
①登録(以下の方法からお選び下さい。)
A.メールフォームから。
http://form1.fc2.com/form/?id=511287 
c0197299_1425595.gif

②入金
ⅰ.ゆうちょ口座、窓口からのご入金
 記号:01350 番号:067461
ⅱ.銀行からのご入金
 銀行名:ゆうちょ銀行 
 店名:一三九店(イチサンキユウ店)
 当座口座 口座番号:0067461

■ワークショップのお問合せ先■
子宮プロジェクト Womb CHOIR事務局
詩礼純子(サラジュンコ) 
 womb_choir[*]shikyu-pro.com
([*]を@に変えてお送り下さい)
 HP:http://www.shikyu-pro.com/

歌うこと、踊ることはずっとずっと昔から人の生活とともにありました。
いつしか私たちの手を離れて特別な人のものになってしまったものを
自分の声に手足に取り戻しましょう。
だってそれはみんなの細胞の中に生まれた時からあるものだから。

このワークショップでは、
子宮プロジェクトの私で生きる宣言「自分の旗あげ」から始まり、
自分のからだを感じるエクササイズを通してあらたに自分を体験し
これを最大限に楽しんで声を出して行きます。
そしてその声が重なり合いハーモニーを創る体験は、自分で生き
調和してく感覚を思い出させてくれるはずです。

自分のいのちを謳うこと舞うことの体験がこのワークショップのテーマです。


■ワークショップ講師■
[歌唱指導]
詩礼純子(サラジュンコ)
ゴスペルクワイヤーディレクター/シンガー
子宮プロジェクト総合企画室ディレクター
「体音-tai-on-」主宰
幼少期から歌と踊りに触れて育つ。
1998年からシンガーとして活動。
もっと生活や生きることに添う音楽の伝え方を模索し、
2000年ゴスペルクワイヤー(主にブラックゴスペルを
歌う聖歌隊のこと)のディレクターとしての活動を始める。
2009年にはゴスペルワークショップ&コンサートを主宰。
一般公募で集まったtheJOY CHOIR40名によるルネス
ホールでのコンサート「喜びの声」を行った。
歌うこと、踊ること、は全ての人の細胞の中に在り
それを思い出せる「場」と「体験」を創ることが願い。

[自分を感じるワーク ファシリテーター]
古賀直子
子宮プロジェクト主宰
助産師
1999年より出張専門助産院 産婆オフィスデルフィを開業。
主に自宅出産を手がける。助産院では出産相談、母乳相談、育児相談、
骨盤相談などを行っているが一人一人の女性が出産、
子育てを通じて本当の自分を「思い出す」という方向性で
の見守りがモットー。
また、出産と誕生の真の姿に教えられた「ひとの生き方の
ヒント」を人々に分かち合うために子宮プロジェクトを
主宰し、女性だけではなく、この地球上に生まれたひと
みんなが、本来の「私」を思い出すことの大切さを 
創造的活動を通して伝えている。
子宮プロジェクトでは、セレクトショップの運営、
各種イベントの企画やワークショップの提案、各種講演会
活動なども行っている。
1969年 福岡生まれ岡山育ち 
12歳の娘を持つ シングルマザー

[ワークショップ協力アーティスト]
ワークショップとコンサートで共に演奏してくれる
協力アーティスト。多彩な音で歌を支えてくれます。
喜楽堂Toshi&七海
(ディジュリドゥ+歌+パーカッション)
RYO(ギター)
小西泰寛(ラップスティールギター)
森本なつえ(パーカッション)
ヒデ(パーカッション・ドラム)
石岡大輔(トラック作成)

[PR]
by okametic | 2010-02-11 14:50

2010 歌え!ティモール! 再来!!!

c0197299_3193950.jpg

さてさて、去年「かいわれ」主催で好評を博した

カンタ!ティモール

の上映会が再来岡です!!!!

以下、上映情報↓↓↓↓↓↓

■■■2010年2月5日(金)■■■
岡山:城下公会堂
 

〒700-0814 岡山市北区天神町10-16城下ビル1F→地図
TEL&FAX:086-234-5260

◆チケット:前売り予約¥2,000- 当日¥2,500円(共に1Drink付)
両日チケット予約フォーム→ http://form1.fc2.com/form/?id=512420

□開場 19:00
 ウェルカムアクト:okametic!(Vo.P.)+RYO(G.)+小西泰寛(SteelG)
 映画制作者:広田さんのお話

□カンタ!ティモール上映 19:30〜21:30
 城下公会堂は上映後通常営業になります。
 広田さんを囲んで映画についてシェアできる
 時間を作りたいと思いますので、ご予定下さい。

□金曜日のちょっと早い時間からの上映なので、
 仕事から駆けつけて下さる方のため、西澤店長の愛のこもった
 軽食を受付で販売します。500円(数に限り有り)
 小腹を満たしながらご覧頂けます。

■■■2010年2月6日(土)■■■
倉敷:御園旅館 
 

〒710-0826  岡山県倉敷市老松町3-4-1→地図
TEL:086-422-3618

◆チケット:前売り予約¥2,000- 当日¥2,500円共にお茶とお菓子付)
両日チケット予約フォーム→ http://form1.fc2.com/form/?id=512420

□開場 13:30
 ウェルカムアクト:okametic!(Vo.P.)+RYO(G.)+小西泰寛(SteelG)
 映画制作者:広田さんのお話

□カンタ!ティモール上映 14:00〜16:00

□トークセッションと歌 16:00〜18:00
 映画制作者の広田さんと詩礼純子に
 子宮プロジェクト古賀直子さんを向かえ会場の方たちと
 共に座談会形式のトークセッションを予定しています。
 映画を見て感じたこと、広田さんの取り組み
 私たちが日常から出来ることってなんだろう?
 ゆったり話してみましょう。


この映画は名古屋の音楽ネットワーク環音が中心になって作られました。
環音HP→http://www.pc-lifeboat.com/waon/

環音自体が 東ティモール独立式典内独立祝賀コンサートに日本からの
祝いの音を届けるという活動から始まっています。
送ったのは・・・・
1995年の阪神・淡路大震災を機に生まれた、
ソウル・フラワー・ユニオンの別働隊チンドン楽団。
あの名曲「満月の夕べ」を生んだ
ソウル・フラワー・モノノケ・サミット
今回の映画にも中川さんが協力しています。

2009年、環境や街づくりに関わる異業種のコミュニティ「かいわれ」主催で
城下公会堂にて第1回目を行いました。

上映後の会場は不思議な静けさに包まれ、その後のトークセッションで
会場から口々に家族や友達、恋人

「大切な人に会いに行きたい」

と言う言葉が聴かれました。

それはとても「あたりまえ」
でそれはとても「大切」なリアルな言葉でした。

この映画を一人でも多くの人に見て欲しいと
上映直後から声が上がっていましたが、
ひろたさんが岡山に来れるチャンスが出来たので第2段を企画しましたクローバー

エネルギー問題は今、地球の全ての人が直面している問題です。
一つだけの側面から正解・不正解と単純にジャッジできないところへと
来ています。

上映会では、作品の上映前後で環音の設立者であるひろたなつこさんに
映画製作の過程や思いをお話して頂きながら、
音楽とトークセッションと共にこの映画を共有していきたいと思います。

トークセッションは、ひろたさんの希望もあり、座談会形式で
全員参加のセッションにする予定です。
疑問や提案、感じたことのシェアリング、ゆっくりと交感出来る時にしましょう!

まず、同じものを見て、色んな立場から交感して行くことから始めよう!

お待ちしています!!!
[PR]
by okametic | 2010-02-04 03:54 | *体音*

年賀とJOYの写真達

もう、2月が来てしまって。。。
新年のご挨拶も出来ぬまま「子宮プロジェクト」に没頭しております。
今日は、パンフレットを作り上げて入稿してしまったのでホッと一息。
で、久々に書いてみようかと。

ということで、
c0197299_60347.jpg


今年、友達に送った年賀メールの画像です。

2009年後半を占めていたJOYのリハーサル風景です。
当日は本当に暖かくて光の綺麗な1日でした。

一昨日はこのメンバーで新年会があったのですが、みんな良い顔をしてそれぞれの道を歩き出していました。

そしてこの会も最後は歌う♪

♪Joy to the world♪

プログラムの中にこんな言葉を書きました。

GOSPEL is...
"GOSPE"の語源は"Good Spell=良き綴り"という言葉です。
それは聖書に書かれたキリストの救いのことを指します。
では、その救いとはなんなのだろう?と、リアルな言葉を探ると...
「繋ぐ」という言葉に辿り着きました。
十字架の縦の線は「天」と「地」を繋ぎ、横の線は人を繋ぎます。
キリストは隔ての壁を取り除くためにこの地に来た。
という表現もされています。
実際、その福音書の中には沢山の立場、民族の人々と食事を共にするキリストの姿が描かれています。
彼は私たちと同じ肉体を持って生まれ育ち、愛に生き、愛に死にました。
愛を最大限に生きて生きて生ききったのです。
それは恐れという隔ての壁を打ち壊す道なのだと。
壁を壊し天と地の人を、人と人を。
ブラックゴスペルは、アフリカからアメリカへ連れて行かれた人たちの
手足から生まれた信仰の、祈りの歌です。
体と心と魂を一直線に繋ぐこのリズムとメロディーと言葉たちは、
ハーモニーとなって人を繋いで行きます。
手拍子が、呼びかけと応答が、キリストの愛の香りを放って全てのものを繋いで行きます。
人との繋がり、自分との繋がりが希薄になっている日本で、
多くの人がゴスペルに魅かれるのは、その繋がりを体感したいからではないかと思うのです。
歌は命に連れられ、命は歌に連れられる。
命と共にある歌。命の祈りの歌。
それが、ゴスペルではないかと思うのです。



と。
これは、私が歩いて来ての今のリアルな感触です。
キリストに恋をした時代から、瞑想を知って、カルマっていう概念も何となく知り
キリスト教の歪められたことと、エッセンスへの探求も読みあさり
日々、歌って歩いて来て、もう一度真っ正面から向き合った時の感触。

だから♪JOY TO THE WORLD~って歌えるんよねってね☆

歌や踊りで全てのものと繋がっている感覚は
何にも代え難いエクスタティックな瞬間です。

そりゃHllelujah!です。

そして、それは本当に感謝なことに
JOYのコンサートではそれが起こり、音になり会場を包んでいました。

それは命の普通でとても大切な営みがそこに現れた。

あ〜仕事がでけた。
と、胸を撫で下ろしました。

打ち上げで、みんなでご飯を食べ、それぞれの感じたことを溢れるようにシェアする中始まる歌。

これですよ!
一番幸せな瞬間でした。
同じ釜の飯を食べ、共に歌う。

JOYはステキであった。
共に歩いてくれた全ての人に感謝です。
[PR]
by okametic | 2010-02-01 06:53 | 日記



LIVE情報や音のある日常のこと
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
カテゴリ
以前の記事
タグ
Link
地の塩世の光の人
三宅洋平氏のBlog
神戸のお家chelsea
ウタイナガラ育てる野菜
Wacca FarmタツヤのBlog

The JOYの相棒ピアニストで
岡山ドラムサークルファシリテーター妹尾美穂ちゃんの

mihopower

飛飛機械クリエーター下村さんの
京都から飛2の楽しいお知らせ♪
TooLs
ライフログ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧